カラコンを着けるとドライアイになるの?

正しいカラコンの洗浄法


カラコンを正しく洗浄、保管することは非常に重要ですので始めての人も、すでにカラコンを洗浄している人もここで再度確認してみて下さいね。

 

まず、カラコンを扱う時には手を洗ってからということで石鹸を使用して、爪の間もしっかりと洗いましょう。
指にも意識してきれいに洗いましょう。

 

次に、ケースからカラコンを取り出します。
専用の洗浄液で洗っていきますが、ここでのポイントは爪を立てないで軽くこすり洗いをすることです。
片手にレンズと、洗浄液をたらして人差し指で裏と表を洗っていきますが、時間としては10秒程度で良いようです。
洗浄が完了したら、洗浄液ですすぎますが、この時レンズをしっかりとすすぐ感じを意識して下さい。
水道水は使用してはいけませんので注意しましょう。

 

カラコンケースにあらかじめ洗浄液を入れておきます。
ここに、洗浄が完了したカラコンを入れますが、4時間ほどで消毒が完了するまでは使用しないように。
4時間で洗浄、消毒が完了します。
カラコンを使う度にこのケアをしましょう。
時間がそんなにかからないので、使用時の習慣になってしまえば苦にはならないでしょう。
こうして使用することで、カラコンを安心して使用することが出来ますし、ドライアイや眼病予防にもつながるといえます。

 

毎日の正しいケアと、定期的な眼科の受診で、カラコンを快適に使用できると思いますのでぜひ、実践してみて下さいね。